分野によって異なる言語

分野によって異なる言語 プログラマーの仕事には様々な種類があります。パソコン上で動くWebサイトやゲームなどを構築するのはもちろんですが、身近な家電製品なども全てコンピューターにプログラミングされている事によって様々な動作ができるようになっています。また、企業内の情報をコントロールするシステムの構築やネットワークシステムの開発など、その具体的な業務は細分化されています。それらのプログラムは必要に応じて使用される言語や技術が異なりますが、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

Web、通信、ゲーム関係

Web、通信、ゲーム関係プログラマーとしての求人件数も多く、多くの人が目指すのがWeb関係のプログラマーです。インターネット上の様々なサービスや企業内における情報管理など、Webに関わるプログラムの開発が主な内容です。主なプログラミング言語としては、Java、Perl、PHPなどがよく使用されています。
多くの企業で活用されているテレビ電話やその他のネットワーク機器に関するプログラムの開発をするのが通信系プログラマーで、主な言語はJavaやC、C++などが使われています。通信系プログラムは、組み込みや制御系の知識も必要になる事があります。チームで仕事をする事が多いゲーム関係のプログラマーは、家庭用ゲーム機をはじめパソコンやスマートフォンでできるゲームの開発を行います。今はスマートフォンでゲームをする人も多くなっています。主な言語としては、CやC++ですが、携帯端末のゲームであればJavaやObjective-Cが使用されています。

機械への組み込み系

リモコンひとつで動かせるテレビやエアコン、複雑なメニューも自動で調節できる炊飯器など、私達の身近にある家電製品はプログラムが組み込まれている事によって動作しています。組み込み系のプログラマーは、それらの機械に組み込むプログラムを開発しています。使用される言語はCやC++、アセンブラなどがあります。

パッケージソフト開発

パソコンにウイルス対策や経理関係などの様々なソフトをインストールして使用する事ができますが、これらのソフト開発を行うのもプログラマーの仕事です。使用言語としてはJava、VB、C、C++、VC++など数多くの言語が使用されています。

オープン系、汎用系

オープン系と汎用系は何かとセットで聞く事の多い用語ですが、それぞれの役割は大きな違いがあります。オープン系とは、UnixやWindowsをベースにシステムを構築していくプログラマーの仕事で、Java 、C、C++などの言語を使用される事が多くなっています。汎用系は、銀行の金融システムに代表されるように大容量のデータを扱う企業などで使用される事が多いシステムで、言語は主にCOBOLが使われますが、高い安全性を要求される事も多く、独自の言語やコードを使用する事も少なくありません。

プログラマーを目指す人必見!

基礎知識を学ぶなら資格取得

基礎知識を学ぶなら資格取得

プログラマーとして働くために必要な資格というものは、実は特にないというのが現状です。それでもITに関係する数多くの資格が存在しています。現役プログラマーの中には資格を取得する事に意味がないと考える人もいます。しかし、ITの各専門分野における基礎知識をしっかりと身につけてプログラマーとしての土台を築き上げるために、資格を目指して勉強する方がより効率良くスキルアップしていけると考える人もいます。more

サポートの手厚いエージェント

サポートの手厚いエージェント

未経験からプログラマーへの転職を考えているならば、IT職を専門に扱う転職エージェントを活用するとよりスムーズな転職活動ができるでしょう。それらのサイトを利用すれば、技術がまだなかったとしても、やる気と根気のある人を採用する方針の企業を探す事ができますし、履歴書の書き方など入社まで全面サポートを受けて万全の対策を整える事もできます。more

コンピューター語への翻訳作業

コンピューター語への翻訳作業

プログラマーの仕事は、コンピューターを使ってプログラミングをするというのはもちろんですが、どのようなシステムにするのかという目的に応じて対応するための幅広い知識と技術が必要になります。そして、人間同士がコミュニケーションを取るために言語を用いるのと同様に、コンピューターにも独自の言語が存在しています。プログラマーは、それらのプログラミング言語を使って人間からの指示を翻訳する仕事ともいえるでしょう。more