自己紹介について

自己紹介について 私がプログラマーとしてIT業界に転職したのは何と40歳の時でした。しかもそれまでプログラミングなど経験した事がなかったので、企業が採用してくれたという事がまず驚きでしたが、そんな私でもこの世界で生きてこられたという経験をお伝えし、プログラマーへの転身を考えている方々の手助けになればと思います。

「Hello world」がやっとのレベルからのスタート

「Hello world」がやっとのレベルからのスタートプログラミングの世界では知らない人はいない「Hello world」というプログラムは、プログラミング入門者の多くが通る道ですが、転職直後の私はそれすらもままならない状態でした。思えば40歳でプログラミングの道に入るというのは無謀とも思える挑戦でしたが、良いプログラムを作って社会の役に立ちたいという気持ちだけは誰にも負けないつもりで頑張っていました。当初は仕事中もプライベートもひたすらプログラミングというハードな日々を送っていたおかげもあって、こんな私でもプログラムが書けるまでに成長していく事ができました。

プログラマーになれるかは自分の努力次第

プログラマーになるには若い頃からかなりの知識がないとまず無理だと思われがちですが、私のようにパソコンに特別詳しいわけでもない人間でも無事プログラマーになれました。もちろんその間かなりの努力を要した事は確かですが、一番大切なのはとにかくプログラムを書き続けるという事だったと今は実感しています。IT技術はずっと進化し続けるので、今も勉強の日々である事に変わりはありませんが、何もわからなかった最初の頃からすれば、プログラムの計画から作成まで一通りの事はできるようになっています。デスクトップアプリはもちろん、私がプログラマーデビューした頃にはなかったスマートフォンに対応するアプリ開発もします。40歳から始めてここまで来るのは大変でしたが、どんどん変化していくITの世界はとても興味深いですし、やりがいも手ごたえも十分です。

未経験でプログラマーになるために

プログラマーの仕事に興味があっても、パソコンのスキルに自信がないからと言って諦めてしまいたくなるかもしれません。実際私もこの仕事を始めた頃は不安と緊張ばかりでしたが、採用してくれた会社を信じてひたすら頑張ってきた結果、今では新しく入社してきたプログラマーの採用や指導をする立場にまで成長する事ができたのです。本気でプログラマーを目指す気持ちがあるならば、たとえ年齢的に若くなかったとしても自分の努力次第でその道へ進む事はできます。
このサイトでは、どうしたら40歳を過ぎた初心者でもプログラマーになれるのかをご紹介していきます。プログラマーを目指す多くの人達にとって、このサイトの情報が参考になれば嬉しく思います。

プログラマーを目指す人必見!

基礎知識を学ぶなら資格取得

基礎知識を学ぶなら資格取得

プログラマーとして働くために必要な資格というものは、実は特にないというのが現状です。それでもITに関係する数多くの資格が存在しています。現役プログラマーの中には資格を取得する事に意味がないと考える人もいます。しかし、ITの各専門分野における基礎知識をしっかりと身につけてプログラマーとしての土台を築き上げるために、資格を目指して勉強する方がより効率良くスキルアップしていけると考える人もいます。more

サポートの手厚いエージェント

サポートの手厚いエージェント

未経験からプログラマーへの転職を考えているならば、IT職を専門に扱う転職エージェントを活用するとよりスムーズな転職活動ができるでしょう。それらのサイトを利用すれば、技術がまだなかったとしても、やる気と根気のある人を採用する方針の企業を探す事ができますし、履歴書の書き方など入社まで全面サポートを受けて万全の対策を整える事もできます。more

コンピューター語への翻訳作業

コンピューター語への翻訳作業

プログラマーの仕事は、コンピューターを使ってプログラミングをするというのはもちろんですが、どのようなシステムにするのかという目的に応じて対応するための幅広い知識と技術が必要になります。そして、人間同士がコミュニケーションを取るために言語を用いるのと同様に、コンピューターにも独自の言語が存在しています。プログラマーは、それらのプログラミング言語を使って人間からの指示を翻訳する仕事ともいえるでしょう。more