人間力で一歩リード

人間力で一歩リード 若い頃からプログラマーを目指している人に比べれば、40歳からの挑戦は不利になると考えてしまう場合もあるでしょう。しかし、40代だからこその能力というのもあるのです。プログラマーを必要としている企業は、当然ながら優秀な人材が欲しいと思っています。しかし、それは必ずしもプログラミングに関する能力の高さが求められているとは限らず、むしろ人間としての特質が重要視される場合も多いのです。

初めから上級者である事は求められない

初めから上級者である事は求められない企業で働くにあたって、プログラミングの知識や技術があった方がもちろんいいのですが、意外にも最初からそこまでの専門性は必要ないという企業も少なくありません。本格的な仕事は働き始めてから徐々に覚えていけばいいので、採用の段階でのプログラミングの技術が最優先されるわけではないのです。そのため、プログラマーには理系の人ばかりではなく、ITに直接関係なさそうな他分野出身の人も大勢います。では、企業が欲しいと思っている人材とは一体どのような人物像なのでしょうか。

問題解決力やコミュニケーション力

プログラマーの仕事は、ただプログラミングをするだけのものではなく、他の仲間達や顧客と一緒に相談を重ねながらチームとして仕事をしていく事になります。そうすると、チーム内でのコミュニケーションのあり方がプロジェクトの結果にそのまま反映されるので、いくら高い技術があったとしても協調性がなければ良い仕事をするのは難しいでしょう。プログラマーとしての適性というと、どうしても知識や技術面が重要視されると考えがちですが、それらの能力を活かして仕事をするには、技術者としてよりも人間としての力がかなり重要なポイントになってくるのです。その点で、人生経験をある程度積み重ねてきた40代は、それまでに培ってきた人間力を最大限に活かす事ができるので有利ともいえるでしょう。

人間力はすぐには養えない貴重な能力

若くてプログラミングの技術が高い人材だったとしても、社会人としての能力が育つには時間がかかりますが、40歳を過ぎた人はその部分で若い技術者達よりも一歩リードする事ができます。周囲の人と上手にコミュニケーションを取りながらバランスよく仕事を覚えられる柔軟性や、問題が起きても冷静に判断できる落ち着きなど、人間としての経験値を積んだ大人だからこそある力が、多くの企業で即戦力として必要とされているのです。プログラミングに関する専門性は、実践を積み重ねていく中で身につけていく要素も多いので、プログラマーとして企業で働き始めてから根気よく努力し続けられるかどうかが適性の有無を決める事になるでしょう。

プログラマーを目指す人必見!

基礎知識を学ぶなら資格取得

基礎知識を学ぶなら資格取得

プログラマーとして働くために必要な資格というものは、実は特にないというのが現状です。それでもITに関係する数多くの資格が存在しています。現役プログラマーの中には資格を取得する事に意味がないと考える人もいます。しかし、ITの各専門分野における基礎知識をしっかりと身につけてプログラマーとしての土台を築き上げるために、資格を目指して勉強する方がより効率良くスキルアップしていけると考える人もいます。more

サポートの手厚いエージェント

サポートの手厚いエージェント

未経験からプログラマーへの転職を考えているならば、IT職を専門に扱う転職エージェントを活用するとよりスムーズな転職活動ができるでしょう。それらのサイトを利用すれば、技術がまだなかったとしても、やる気と根気のある人を採用する方針の企業を探す事ができますし、履歴書の書き方など入社まで全面サポートを受けて万全の対策を整える事もできます。more

コンピューター語への翻訳作業

コンピューター語への翻訳作業

プログラマーの仕事は、コンピューターを使ってプログラミングをするというのはもちろんですが、どのようなシステムにするのかという目的に応じて対応するための幅広い知識と技術が必要になります。そして、人間同士がコミュニケーションを取るために言語を用いるのと同様に、コンピューターにも独自の言語が存在しています。プログラマーは、それらのプログラミング言語を使って人間からの指示を翻訳する仕事ともいえるでしょう。more