自分で選択したいならフリーランス

自分で選択したいならフリーランス プログラマーは、企業で社員として働く以外にもフリーランスとして働くという選択肢がありますが、そのように自由な働き方ができるのもIT系技術職ならではの魅力かもしれません。では、フリーランスは実際にどのようなメリットがあり、どのように仕事を見つければいいのでしょうか。

仕事の量を自由に調節できる

仕事の量を自由に調節できるフリーランスになると、仕事をどれだけ受け持つかを決めるのは自分自身です。クライアントから依頼される案件の多くは労働時間に応じた報酬を設定しています。報酬は、契約時に設定した時間幅を基準にして、それを上回る時間であれば報酬が加算され、下回れば控除される事になります。そのため、会社員のようにサービス残業をこなすという事もありません。仕事内容を見てからやるかどうかを決める事ができるので、得意分野の案件を選んだり、さらにスキルアップしたい分野の案件を選んだりと、選択の自由度が高いというのもフリーランスならではの魅力です。

フリーランスをサポートするエージェント

プログラマーなどのIT技術者を探している企業はかなりの数にのぼります。そんな企業とフリーランスの間に入ってマッチングを行ってくれるのがエージェントという存在です。エージェントがいる事で、仕事を探したいフリーランスと技術者を探したい企業双方の手間を省いて、お互いにとってよりベストな相手を容易に見つけ出す事が可能になります。
企業と個人でのやりとりで一番難しいと言われているのが報酬額の交渉です。その点、エージェントが間に立って客観的にフリーランス側の能力を伝え、能力に見合った報酬が得られるようしっかり交渉をしてくれるので、自分で交渉するよりも高報酬での契約が期待できます。そのようなフリーランス向けの案件は専門サイトで探す事ができますが、そのようなエージェントは非公開案件も数多く持っているので、自分では見つけられないような仕事を紹介してもらえるという大きなメリットがあるのです。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、フリーランスのエンジニアやプログラマーなどの技術者に向けた案件を豊富に持つ大手サイトです。公開案件だけでも全て見きれないほどの件数がありますが、会員登録をすればさらに非公開案件も紹介してもらえるようになります。

非公開案件ならこのサイト

レバテックフリーランスは専属のエージェントが案件探しから交渉に至るまで面倒を見てくれるので、効率良く仕事を得られるでしょう。

フリーランスSE

フリーランスSEは、フリーランス向けの高額求人を数多く取り扱うサイトです。ここにエンジニア登録をすると、専任コーディネーターとのカウンセリングを経て希望や能力に合ったプロジェクトを紹介してもらう事ができます。

高単価案件ならこのサイト

フリーランスSEなら、企業との契約後の就労サポートも充実しており、トラブルが起きた時なども相談できるので安心して仕事ができます。

最後に

40歳を超えた人ならば、これまでに培った人脈も多く、独立を考える人も多いのではないでしょうか。仕事が軌道に乗るまでこのようなエージェントを活用することも有効な選択だと言えるでしょう。

プログラマーを目指す人必見!

基礎知識を学ぶなら資格取得

基礎知識を学ぶなら資格取得

プログラマーとして働くために必要な資格というものは、実は特にないというのが現状です。それでもITに関係する数多くの資格が存在しています。現役プログラマーの中には資格を取得する事に意味がないと考える人もいます。しかし、ITの各専門分野における基礎知識をしっかりと身につけてプログラマーとしての土台を築き上げるために、資格を目指して勉強する方がより効率良くスキルアップしていけると考える人もいます。more

サポートの手厚いエージェント

サポートの手厚いエージェント

未経験からプログラマーへの転職を考えているならば、IT職を専門に扱う転職エージェントを活用するとよりスムーズな転職活動ができるでしょう。それらのサイトを利用すれば、技術がまだなかったとしても、やる気と根気のある人を採用する方針の企業を探す事ができますし、履歴書の書き方など入社まで全面サポートを受けて万全の対策を整える事もできます。more

コンピューター語への翻訳作業

コンピューター語への翻訳作業

プログラマーの仕事は、コンピューターを使ってプログラミングをするというのはもちろんですが、どのようなシステムにするのかという目的に応じて対応するための幅広い知識と技術が必要になります。そして、人間同士がコミュニケーションを取るために言語を用いるのと同様に、コンピューターにも独自の言語が存在しています。プログラマーは、それらのプログラミング言語を使って人間からの指示を翻訳する仕事ともいえるでしょう。more